fc2ブログ

Cプラン

waterdiaryにも既に書きましたが、「ペットボトルのミネラルウォーターを何百万本、何千万本でも欲しい」という話が巷を徘徊しています。ただ、それだけの本数は大企業ですら応じきれない数で、現実に対応できるところはありません。また、それを仮に受けようとするところがあったとしても、おそらく「金額的に折り合える話」ではないでしょう。なぜなら、中国側は量の多さをちらつかせ商品を買い叩こうとしているのに対し、日本の容器包装を使えば、価格は「中国側が受け入れられる」範囲を超えてしまうはずだからです。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード