FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

もう一つの道

ところで、アメリカが日本を見かぎったのは、いつ頃のことでしょうか?ほぼ20年前に円は対ドルで150円程の水準でした。それが一度160円まで円安に振れた後、ほぼ5年をかけて、79円台を記録するまで円高が進行しました。日本が見かぎられたのは、意図的な円高誘導が始まった20年前頃と考えて良いでしょう。それからの10年を「失われた10年」と呼ぶ人が居ます。そして、その後の10年を足して「失われた20年」と呼ぶ人も現れました。
それは、「見かぎられてから10年、20年」という年数と符号します。その間「別れてくれ!」というアメリカに追いすがる日本は、「79円でもまだ付きまとうのか!」と啖呵を切られてしまうのですが、それでも、懸命に「元彼」の後を追い続けてきました。79円を記録した後、円は一度145円ほどまで戻されるのですが、その後はまた円高に転じ、今は15年ぶりの超円高で高止まりしている状態です。

「今回の超円高はなにが原因なのでしょうか?」皆さんもよく考えてみてください。なにしろ、このままで行けば、10年後は「失われた30年」、20年後は「失われた40年」と呼ばれるてしまうのですから。

一方のアメリカは、「20年ほど前」から急に元気を取り戻し、リーマンショックに至るまでは神懸かり的なパワーを発揮しているかのように見えました。しかし、「好事魔多し」。たった20年で変調を来すほど、アメリカは調子に乗りすぎてしまったのです。「もっとゆっくり」収穫を楽しむ余裕さえあれば、アメリカの天下を揺るがす者など居ないのに。それを、「ここぞ!」とばかり急いだため、アメリカは自らの「絶好調」をご破算にしてしまったのです。

(つづく)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<もう一つの道 | Water Diary | もう一つの道>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |