fc2ブログ

日本経済のV字回復

私の述べた秘策は、実現不可能な「奇策」でしょうか?超大国アメリカの都合ばかりを優先させる「グローバル経済」に組みしているかぎり、日本の技術力が正当に評価されることはありません。そして、それは日本の不遇に止まらずに、世界を不幸にしていくに違いありません。
アメリカの金融資本主義は、資本主義の王道から外れてしまったことで、自国にすら安定的な利益をもたらせなくなっています。基軸通貨を自在に使い、自国の利益確保に執心した挙げ句のことです。お陰で、世界中の国々が財政出動を繰り返し、疲弊し、地球の資源を無駄使いし、環境を悪化させ、地球温暖化を促進させる側に無理矢理組み込まれることとなっています。

それを食い止められるなら、「奇策もまた善し」とは思えませんか?

25年以上前、私がメキシコに居合わせた時、ペソが半分の価値になった時がありました。メキシコで石油の埋蔵が確認され、アメリカなどから大量の資金が流れ込み、メキシコが一時借金まみれになった末のことでした。為替は基軸通貨を握る者の都合で、一気に、「力づくで変えられてしまうものなんだ」という驚きを今でも鮮明に覚えています。しかし、メキシコ国内では、誰もが平然とその事実を受け入れていました。まったく何事もなかったかように。それは、国際的な通貨マーケットに於ける通貨の評価の変動は、その時の国内経済とは無縁な動きをするからです。勿論長期的には、原油が安く買い叩かれるわけですから、メキシコ経済にとっては損失です。とは言え、それを見越して「資金」の出し入れを自在にできる輩が世界を支配している限り、メキシコは「泣き寝入り」する他はありませんでした。

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード