FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

地方の活性化

アメリカでは、一人の配達員が5ガロンを平均150本配達します。日本にあるガロンボトルの配送会社で、それだけの本数を一人の配達員に託している会社は、ただの1社もありません。日本のガロンボトルの主力は3ガロンですが、それでも150本までを配らせている会社は皆無でしょう。
それをアメリカはアベレージとして、成り立たせています。まず、そのことによる価格競争力を検証してみましょう。配送員の給料を仮に日米同額とすれば、アメリカでのガロンボトルミネラルウォーターの持つ競争力の高さは、推して知ることができます。また、5ガロンの容量から割り出されるリッター単価も、他のミネラルウォーターを圧倒するものだろうということも明らかでしょう。

(つづく)

別窓 | ビジネス論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<地方の活性化 | Water Diary | 地方の活性化>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |