fc2ブログ

世界経済の問題点

今起きていることの原因を「ギリシャの財政危機」に求めて、何かが明らかになったり、何かが良い方向に向かうことはあるのでしょうか?
前の経済危機の原因を「サブプライムローン」に求めても、世界経済の体質はまったく変わることはありませんでした。世界経済のどこを切っても、金太郎飴のように同じ切り口が顔を出します。それぞれの切り口を「サブプライムローン」とか「ギリシャの財政危機」と名付けてみても、無意味です。

ニューヨークダウが、1万2千ドルを超えることはもうありません。それ以上に上がらないことが分かっている株を買う人は、株価の乱高下毎に減ります。値上がりするという期待感だけが支える株式市場は、その意味でもうすでに崩壊しているのです。その表面をいくら繕っても、「信用不安」というほころびは隠せません。今の金融危機でクラッシュするのか?それとも次回か?私たちに残された道の幅は、どちらにしても狭いものです。

市場主義では、希少価値が重んじられます。大量に在るものは、それだけのことで価値を下げていくこととなります。経済成長を絶やさないために際限なく投じられた「マネー」は、その数量に相応しい価値を与えられることになります。
「この間に、世界の金融資産630兆円が吹き飛んだ」とされています。吹き飛んだ「マネー」は、経済成長のために投じられたものが回り回って「金融」に漂着したものです。また、「信用不安」を払拭するために投じられた「財政出動」のなれの果てもあります。なんの裏付けもなく発行された「マネー」は、こうして「吹き飛ぶ」ことで辻褄を合わせ、姿を消していきます。「財政出動」に伴う膨大な「借金」と「人々の不安」を、世界中の国に残して・・・。

(完)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード