fc2ブログ

未来への投資


「資本主義」が原理化されると、隠れ蓑に使っていた「民主主義」は無視される。資本主義の原理化が進むと、「持続可能性」も無視される。それが、民を困窮に晒すことになるのは明白だが、人々には「それが分からない」。相変わらず、「声を上げない」。おそらく、「資本主義」は、持続可能性を抹殺するかのようにこのまま突き進むこととなろう。つまりは、世界の気温は1.5℃上昇し、人間は自分たちの無力を思い知らされることとなる。タガが外れた気温上昇は、今では想像もつかないほど強大な風水害を繰り返し、海沿いにある「大都市」を破壊し尽くして行くはずだ。

「資本主義」を終わらせるのは、私達ではなく、母なる地球だ。それも10年という短い期間まで示されている。「神」は「調和」を求める。人は、その「調和」を乱してしまう「力」を得てしまった。が、そうした「力」を誇示したがる者がすべてではない!だから、そうした「ちから」を崇拝する者たちが多く集まる「大都市」がその立地故に、まず壊滅的大打撃を受けることとなる。人類は大河の流域に寄り添うように文明を築いてきた。そして、今では日本と同じで、世界中の大都市はほとんどが海に面している。それらが、巨大化する台風により、海と山からの挟み撃ちに遭う。そのことで「はじめて」地球温暖化要因は強制的にストップさせられることとなる。それが、持続可能性を無視し、無意味な拡大ばかりに執心してきた「資本主義」の末路だ。今度ばかりは、私は「オオカミ少年」とはならない。科学者とスーパーコンピューターが、総力を挙げて予見した近未来には「嘘はないし、計算違いもない!」

一度、変動した気候は、すぐには元に戻らない。だから、大都市部の壊滅的な被害は毎年のようにやってきて、大都会を廃墟と化すまで続くこととなる。地方でも今回のような河川の氾濫は、無防備のまま繰り返されるだろうが、海との挟み撃ちは免れる。また、農地など生産手段は細々であれ残されるため、地方が廃墟と化すまでには至らない。そこで、私達は、地方を足場に再生を果たして行くことになるのだろう。(ただ一つ心配になることは、日本各地に散在する原発だ。ほとんどが海沿いに建設されているこの原子力発電所を安全に停止させ、無害化させるだけの時間はあるのか?今の政府に任せていては間に合わないことだけは確かだが...。)

(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード