fc2ブログ

リーマン予想と環境ホルモン 1

名だたる数学者が、素数の謎に挑む。無限に続く素数の並びに法則性を見いだそうとする試みだが、多くの数学者がそのキャリアを賭けて挑み、未解決のままになっている難問である。あまりに難問であるが故に、「リーマン予想の正しさが立証できれば、宇宙の謎そのものが解ける」「素数そのものが暗号だ」といった説まで出てくる有様だ。

私は、ここに「人間の堂々巡り」を感じてならない。文字同様、人間は数字も編み出した。文字や言葉を操るものは、それらを駆使して、普遍性を定かにしたいと試みる。だが、元より「普遍」などない。それは幻に過ぎない。人間は、そもそも「普遍的」な生物ではない。地球の歴史の中では「ポッと出の新参者」に過ぎない。その新参者が、一方でその欲望故に地球そのものを危うくしながら、一方で普遍を語ろうとする。それは「普遍」の何たるかを知らないものが、お釈迦様の掌で好き勝手に飛び回っているのと変わらない。
(つづく)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード