FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

私の考える「水道の民営化」


e. オール群馬で創造したいガロンボトルビジネス

弊社が目指したいガロンボトルビジネスでは、3ガロン(11.35ℓ)ないしは12ℓボトル入りの「天然水」を税抜き600円でお客様にお届けする。前述したように、弊社のプラントを導入すれば、工場の建物やボトル等の購入費も含め、2,000万円の資金で「天然水の製造販売事業」を始められる。プラントの製造能力は時間当たり90本なので、1日の稼働を7時間とすれば日産630本、月〜土までの週6日・月25日稼働で、月産は15,750本となる。その製造に必要な人員は4人要れば十分だ。売価600円の内訳は、工場出し価格を400円とし、配達料を200円とする。プラントをフル稼働させると、15,750本×400円で工場の月の売上高は630万円となる。天然水の原価は弊社の場合で1本当たり6円で、キャップ代が20円、ボトル代が1回分で30円だ。大雑把だが、「販売本数」さえ確保できれば、利益は「打ち出の小槌」のように出せる。これが、再生可能な天然資源を有効活用する産業に「利潤」が宿る「理由(わけ)」だ。
それを、1本200円で配れるか?と言えば、利用者がどれほどの範囲に住んでいるか?ということに尽きる。アメリカの様に、8〜9割の人が「水道水」に代わるものとして使うようになれば、1本を200円で配ることは問題なくできる。アメリカでは、日本よりも重たい5ガロン(18.9ℓ)ボトルを一人が1日平均150本配る。アメリカでは製造と販売が一体化しているので、配送も自社で行う。日本の場合は、3ガロンないし12ℓが主体になっている。それを自社配送すれば、価格面で大企業のペットボトルと真っ向勝負しても、負けることはない。それが「地産地消」が生産者・消費者双方に「利益」をもたらす「理由(わけ)」だ。仮に販売量が10,000本でも、工場は400万円の売り上げが確保できる。一人当り100万円の売り上げができれば、安定的な商売ができることはお分かりいただけるだろう。

(つづく)

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<私の考える「水道の民営化」 | Water Diary | 私の考える「水道の民営化」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |