FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

私の考える「水道の民営化」


d. 日本版ガロンボトルビジネスの実態

日本版ガロンボトルビジネスは、そのアメリカンガロンボトルビジネスとは「似て非なる」ものだ。そもそも、官が「道を譲ってくれた」上で始まったものではない。俗に云われる「ネットワークビジネス」として、代理店方式で一定の広がりを辿ってきてしまった。「ネットワークビジネス」では代理店が本部の餌食となる。そして、その分だけ、末端価格は高い。だから、利用者は一向に増えない。騙される代理店の数だけは表面上普及しているように見えるが、ペットボトルより高い「水」が多くの利用者に受け入れられる道理はまったくない。そこで、「ねずみ講」同様一度は潰れた。だが、「ねずみ講」同様また勢いを盛り返し、再度消費者庁に苦情が寄せられるに至っている。第二次の破綻を目前にしている感が強い。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<私の考える「水道の民営化」 | Water Diary | 私の考える「水道の民営化」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |