FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

明けまして、おめでとうございます

20数年前、日本のガロンボトルビジネスは産声を上げました。以来、様々な紆余曲折を経て現在に至っています。ただ、このビジネスが「今後どれほどの伸びしろを有しているのか?」という点が、いつまで経っても見えてきません。外来のビジネスには「日本化」の過程が不可欠ですが、その多くが本質から外れ、ガロンボトルビジネスの良さを台無しにするものに終始してきたことが主因です。

ミネラルウォーターに「おいしさ」を求める人々に「RO水」を提供し、配達回収の利便性や経済性や環境性に対して「使い捨て容器」を提供する。それらの流れが、ガロンボトルビジネスの大きな裾野の一角としてあるのなら、それは良いことです。しかし、それが主流を占めてしまっている現状に、このビジネスが伸びきれない理由があります。

今やガロンボトルビジネスは、時代の中で圧倒的な優位性と可能性を有しているのに、私たちはそのポテンシャルを活かしていません。「基本に忠実であることを通して、改良改善のポイントを探る」そこに謙虚さが加わり、はじめて「日本化」は成就します。謙虚さとは、「自分がやった」分の成果しか得られないという事実を理解することです。

もっと真正面から!自分が考えていることを現実に反映させていく。それをサーバーを主にして世に問う。
それが、私の、今年の抱負です。

別窓 | サーバー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<リーマン予想と環境ホルモン 1 | Water Diary | 待望のモニター機到着!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |