FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ネット通販に思う


往時の日本は、工業製品を輸出して、農産物や海産物・食料品等を輸入しても十二分のお釣りが出た。だが、その工業製品まで輸入を始めた私達は、どうやって、食料を手に入れるつもりでいるのだろう?
そもそも、食料生産を、食べられない工業生産に切り替えることがなぜ?「(産業)革命」と呼ばれたのか?その設問が、今まさに「産業革命をやり切って、衰退局面を迎えている」私達に突きつけられている。産業構造をこれほど極端に変化させた国は、他に例を見ない。これほど食料自給率を危険水位まで低下させた国は世界広しと言えども、日本だけだ。こうした歪な政策を一貫して推し進めてきたのが、「自民党(政治)」だ。

だが、これほど「愚かな経済政策」に固執し続けても、自民党も安倍政権も「NO!」を突きつけられることがない。経済オンチの日本国民は、「これでも、まだまし」と思い込んでいる。ここに至っても、「日本は豊かな国」だと思っている。否!「そう思い込んだままでいたい」という一心で、「アベノミクス」にすがりついている。だから、アベノミクスが「税金の無駄遣い」による「自殺行為」以外の何物でもないということが、人々には「見えない!」。「生産力を回復させる」という発想と実践抜きには、この国の急速な「老齢化」と「回復不能な衰弱」を止めることはできない!
「自民党政治」は、グローバリズムの本質を理解していない。最早、日本はグローバリズムのメインプレーヤーではない。マイナスや低成長しかできない国は、グローバル経済にとって「お荷物」に等しい。それが「資本主義」を生み、今でもメインプレーヤーであり続ける国々の厳然たる価値基準であることを理解できないからこそ、自民党政治は「内需の拡大や食料自給率の確保」を疎かにしてきたのだ。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ネット通販に思う | Water Diary | ネット通販に思う>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |