FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

水ビジネス最前線


⑦2リットル(以下)のミネラルウォーターが売れる理由は、価格がリーズナブルだからです。また、どこでも売られていて入手が容易なため、人々の健康志向の高まりに連れ、その「需要と供給」は然るべき伸びを示してきました。

それに比して、宅配水の価格はリーズナブルではありません。また、宅配水は、どこでも売られている商品でもありませんから、消費者の選択肢の一つに加えられているとは言い難い存在です。ですから、供給側が積極的に意識を変え、「売れる」商品化を目指して行かない限り、このビジネスは「立ち枯れ」を余儀なくされるでしょう。サントリーのウォーターレポートが示す6.6ポイントとは、「そういう」深刻な数字なのです。

「8リットルペットボトル入の天然水」の生産性は、2リットルのものより高いため条件が整って行けば、2リットルペットボトルより安価で販売することはできます。アメリカでは、5ガロンボトル入りが5ドルで売られ、瞬く間の内に公共水道に取って代わることとなりました。ごく普通に考えて、容量が多ければ価格は安くなるのが「常識」です。そうした「常識」を無視した商売が成り立つと考えること自体が、「非常識」と言わざるを得ません。

⑧また、8リットルペットボトルはウォーターサーバー仕様のキャップを装着していますから、ウォーターサーバーでもお使いいただけます。しかし、大きさが手頃ですから、サーバーがなくともお使いいただくことはできます。アメリカでも、ガロンボトルによる宅配事業がスタートした時点では、陶器製の給水器が広く普及した時期がありました。それが、利用者と使用量の増大に連れ、日本のLPガスように「ウォーターサーバーを無償で貸し、末永く水代をいただく」業態へと無理のない移行が為された経緯がありました。そうした経緯こそが、「物事の順序」というものです。最初から、「ウォーターサーバーを無償で貸す」といった「無理」を自らに課す商売など日本を置いて他にありませんし、そんな商売が「利益」を生み出す道理などないのです。


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<水ビジネス最前線 | Water Diary | 水ビジネス最前線>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |