fc2ブログ

5リットルペットボトル

上述のことを踏まえると、プッシュオンキャップ仕様の5リットルペットボトルは、いずれ多くの水メーカーから支持させるものとなるでしょう。
とは言え、「プラスチック屋さんと折半」と言っても200万円以上はかかる話です。弊社としてもおいそれと乗れる話ではありません。そこで、情報としてお知らせしますので、興味のある方は弊社にお問い合わせ下さい。

サーバー同様で良いものを目指しても、流れを作り出せなければ、それは「絵に描いた餅」です。サーバーのモニターについて言えば、航空便でサンプルを輸入するだけで1万円以上がかかります。1台だけでサンプルを取り寄せた場合は、150ドルの運賃がかかりました。今回の6台でもトータルで635ドルなので、1台あたり106ドル見当の経費が輸送だけでかかります。色々な経費を積算すれば原価だけでも相当な金額になることがお分かりいただけるでしょう?そして、改良を重ねて、実際の輸入に辿り着けてもコンテナで引けなければ、弊社が想定した金額でサーバーを入手することはできません。

弊社は、発展途上の業界の中で、すべてを国産化していくことを目指しています。今回のサーバーも国産化へのステップとして取り組んでいます。しかし、潤沢な資金をもとに推し進めている話ではありませんから、歩みは遅々としたものとなります。
多くの人の賛同が得られなければ、流れは作れませんが、モニターの応募は第一次以降途絶えています。まずは、ゆっくり、第一次のモニターに名乗りを挙げていただいた方々に品定めをしていただくことになります。そのため、次回に予定していた30台の取り寄せは、順延としましたのでご了承ください。
それでも優先順位的に、今後共サーバーを押し進めることに変わりありません。改良したサーバーのモニターを通じて、問題点の洗い出しと対策が明らかになれば、もっと広く且つ積極的にHC66Lの普及に努めていく所存です。弊社以外のモニターの方々の声も、随時お伝えしていくこととします。

そこで、5リットルペットボトルへの積極的な取り組みは後回しになります。但し、特に興味を持たれた方がいらっしゃれば是非ご連絡をください。本当に欲しいものであれば、手にする方法はいくらでもあります。また、反響が大きければ、「折半」などとケチなことを言わずに、ボトル屋さんを動かすことができるかも知れません。「自然村」様のガラスボトル同様、「こうしたい」という強い思いがあれば、それは成就します。私たちは、そういった思いの総合力によって、ガロンボトルビジネスをもっと魅力あるものにしていきたいと考えています。
しかし、道程は決して平坦ではありません。それは、遠巻きに見ている方々に重い腰を上げていただくことの難しさ故ですが、特効薬はありません。

自分自身が動かなければ、何も変わらない。それが「永遠の真理」です。

(完)

コメント

非公開コメント

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード