Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

インターネット通販と代理店商法


そこで、ここは一度基本に戻らないと、「二進も三進も行かない」。では基本とは何か?それは、「製造直販」だ。間に販売者を挟まないから、製造者は消費者が欲しがる価格で商品を売ることが可能となる。農産物の直売場を思い浮かべてもらえれば、分かり易い。製造者は、消費者が欲しがる価格と言っても、市場出しの価格を下回った数字で売るわけではない。市場に出すのと同程度の価格で、直接消費者に売るだけの話だ。だが、それでも市場出しなら、容器包装に別途経費を掛けねばならない。また、市場出しなら、たとえば「曲がったきゅうり」は売り物にはならない。が、直売場なら「曲がったきゅうり」でも、買い手が納得すれば、買って帰ってもらえる。つまり、「製造直販」は、お互いの納得が得られれば、そこで「需給」のバランスを取ることが容易にできる。これが、商売の基本であり、原型だ。

ネット通販は、広告費が掛からない。と言うよりも、広告の「コストパフォーマンスが高い」。それは、各モールが顧客獲得に対して「多大な先行投資」を掛けているからだ。だから、小規模な生産者でも、ネット上で買い手を募ることができる。モール側の投資で集客された人たちの多くは、ネット上で「自分が欲しい商品を探し回っている」。安くて質の良いものを日夜探し求めている人たちが居る。ちょうどスーパーを訪れて「お買い得商品」を探し、場合によってはタイムセール時間を待ってでも安いものを買い求める様な人たちが、ネット上なら全国規模で大勢居る。

その人たちに、製造者が「直(じか)」に商品を見てもらい、購入をしてもらう。そうした場を使って、草の根の生産者たちが「再起」を果たし、自立して行く「過程」が、日本経済の再生にはなくてはならない。

(つづく)


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<インターネット通販と代理店商法 | Water Diary | インターネット通販と代理店商法>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |