FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

何が問題なのか?


「依存症」の治癒は、患者を隔離して、対象物を遠ざけるしかない。患者に禁断症状を課してでも、対象物に手が届かない状態を作る。そうしないと、患者は「どんな理屈をつけてでも、たとえ犯罪を犯してでも」、対象物を得ようとしてしまうからだ。だが、「労働の対価ではない」「緩和マネー」を「消費(浪費)促進」のために撒き散らす社会では、誰もが容易に「対象物(=マネー)」を手にできてしまう。これでは、「依存症」の治癒などできるはずがない。

だから、「次世代にツケを回さない」「化石燃料の使用を控え、地球の気候変動を抑制する」「人類が制御することができない原子力開発から手を引く」といった極当たり前のお題目すら、履行できない(されない)。理知的な人間なら、何もコンピューターに計算させなくとも予測ができてしまう「惨憺たる未来」を、「敢えて」無視できてしまうのは、「過度な経済拡大」を経験した世代が、重度の「マネー依存症」に冒されているからに他ならない!

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が問題なのか? | Water Diary | 何が問題なのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |