Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

何が問題なのか?


世代間で、現実を共有できない社会がどういう経緯を辿るか?価値観が「二層」を示し始めれば、若い人たちの側の「現実感」が徐々に社会を突き動かすようになる。それが、「必然」だ。「将来の世代にツケを回してはならない」という掛け声が発せられてから、既に久しい。だが、現実は「どうか?」世界中の国が、相変わらずの「緩和マネーの空吹かし」に現を抜かしているではないか!

これでは、世界中の次世代は「救われない」。各国の財政は、どんどん借金まみれになり、その借金の返済に税金が投入される。それが「将来の世代にツケを回す」ことの意だが、「緩和マネー」の注入による経済の拡大こそが、この借金を産んだ主因なのだから、今のままでは、まちがいなく「(若い人たちの)将来は、現在(年老いた私たちの世代)に食い尽くされてしまう。」

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が問題なのか? | Water Diary | 何が問題なのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |