FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

何が問題なのか?


結局、供給する側の「想像力・創造力」の有無こそが問題なのに、その点に気付く人が現れない。「自分たちが供給する量を、需要と一致させる」ことを新規参入者に説くのだが、その点がまったく理解されない。投下資本はできるかぎり抑制して始めるしか方策はない!なぜなら、この「有り余るモノが溢れる」社会で、自分たちが供給するものの「需要」は、出発点に於いては「0」に等しいからだ。

「自分たちが供給する量を、需要と一致させる」。「その需要は出発点においては0に等しい」。これが、公式だ。ならば、この期間を「どうやって、切り抜けて行くか?」を計算に入れて始めなくては、事業は100%頓挫する。だが、その点を考慮せずに始めてしまう人が後を絶たない。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<何が問題なのか? | Water Diary | 何が問題なのか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Water Diary |