FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

橋渡し


「新型コロナの感染、10万人超 3ヶ月で世界的流行に」と今日の日経電子版が伝えている。テレビをつけても、新型コロナの話題でもちきりだが、ついに「欧米が牽引するグローバル経済が、新型コロナに感染した!」という感が強い。

私が何度も言うように、「新型コロナの元凶は地球温暖化だ」。だが、地球温暖化が災害を引き起こそうとも、局所的な「甚大な被害」なら、グローバル企業に取っては「儲け口」に過ぎない。トランプみたいな奴は、「そう」考えて、地球温暖化を放置することに余念がなかった。だが、「そう」した「浅はかで、都合が良い考え方」がいつまでも通用するほど「自然(=神)」は甘くない。地球温暖化を放置すれば、それが日に日に手を付けられない状態になっていく。「経済を最優先にする」というグローバル経済の行き着く先は、「地球全体を、人類が平穏に暮らしていく場から、常に自然災害の猛威に晒される場に変貌させる」ことなる。

「新型コロナ」は、本当なら、それほど恐ろしい「病」とは私には思えぬ。だが、グローバル経済の進展に連れ、大量の人々が飛行機や大型船などで高速に行き交い、換気が十分とは言えない屋内で「巨大なイベント」が日夜繰り広げられる。そうした環境下で音もなく感染が拡がる様に、人々が恐れを抱くようになってきた。私は、人々はもっと「正確に」、地球温暖化にこそ恐れを抱くべきだとは思うが、今の「異様な経済優先意識」に陰りが生じるなら、この「病」は人類にとっての「良薬」になるとも考えている。

「新型コロナ」によって、「世界の工場である中国」で一時生産が止まった。日本や世界の経済も、自分たちの経済が「如何に、歪に中国に依存しているのか?」肝に命じることとなった。それを遅まきながら、トランプも安倍も知ることとなった。外需に頼るグローバル経済は、「人間の欲得」を開放し熱狂的な興奮状態を継続させる。つまりは、人々を「熱病」状態に置き、必要以上の消費を迫り続ける経済だ。それが、人々に渡航制限をかけることで、停滞を来し始めた。消費を迫り続けるために、投じ続けられてきた「投資マネー」はバブルで膨張したが、これが「本来の大きさにまで収縮する」。リーマンショックの再来となることは必至だろう。日本経済は、その脆弱性を露わにすることとなる。日本だけでなく、アメリカもまた、生産能力の多くを中国に依存していながら「経済を牛耳っているつもりになっている」。そうした国々は、自分たちの「愚かさ」を思い知ることとなる。

(つづく)


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary |