FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

未来への投資


⚫教皇フランシスコが語ったこと

それは、「嘗てないほどに蔓延している不平等」についてだ。そして、世界の主立った強国の政治家がしがみついて離さない「核兵器」についてだ。
世界の富豪上位26人が独占する資産は約150兆円に上り、世界人口の半数に当る貧困層38億人が持つ資産とほぼ同等だという。26人の内訳はアメリカ15人中国6人フランス2人、スペイン・メキシコ・インド各1人だが、この内核保有国でないのは、スペインとメキシコだけだ。因みに核保有国は以下の9カ国アメリカ・ロシア・イギリス・フランス・中国・インド・パキスタン・北朝鮮・イスラエルに限られている。
民主主義の旗手を自認するアメリカで進行する嘗てないほどの不平等は、「法の下の平等」と背反している!が、それを指摘する人は居ない。そうした現状を、教皇は「欺瞞」という言葉を通して揶揄した。そして、「核兵器」については廃絶に向けて、「直接的な行動を起こさなくてはいけない!」と世界に発信した。オバマ前大統領を除くと、こうした声を発した世界的指導者を私は知らない。だから、教皇の言葉は多くの人を奮い立たせた。「非人道的な行為には、異を唱えなくてはいけない!黙っていることは、何人と言えども許されない!」というメッセージは、明快この上ないものだった。

だが、教皇の帰国と共に、教皇が日本で巻き起こした「熱狂」は引き潮のように影を潜めた。嘗てない「不平等」が、自分たちにも及ぶ「貧しい未来」という現実を喚起させたのだろう。だからこそだが、私たちはここで「手をこまねいていてはいけない!」世界の富豪上位26人は、一人当たり1億4千6百万人もの「奴隷を付き従えている」。米中という2つの超大国だけに限れば、アメリカ人の富豪15人が22億人、中国人の富豪6人が8億7千万人の奴隷を抱えていることとなる。が、中国の人口はそもそも7億人程だから、アメリカほどに「罪作り」ではないとも言える。中国は民主主義を唱えている訳でもないからだ。だが、アメリカによる世界支配は「悪辣」過ぎる。そもそもアメリカは、「黒人奴隷」を非人間扱いし国力を高め、武力を盾に現在の地位を固めてきた。だから、核兵器を手放す気もなければ、経済を武器に「世界支配」を続けることは「当然の権利」だと考えている。気候変動の主原因であるCO2の排出量に関しても、米中が突出して高い。が、そうしたことがアメリカの世界戦略上欠くことができず、その一国支配に対抗する中国も同じ様に競う限り、気候変動に歯止めはかかることはない!

つまり、「核兵器の保有と非人道的な支配」は一対であり、それが人類史上最悪な「不平等」な社会を作り出している。私たちが「傍観し、声を上げない」限り、事態の悪化は避けようがない。「剥き出しの支配」を放置すれば、「冨の集中」は増々高まっていく。この冨の集中は、日本人が勤勉を通して必死に積み上げて来た「冨」をも取り上げていく。それは「必然」だ。グローバル経済に加わろうと藻掻けば藻掻くほど、一度「坂道を下り始め、長期低落傾向に陥った」日本経済が元に戻ることはない。だから、私は「たった一人」でも「38億人の一人とならない」ことを宣言しておく。宣言しないでいると、38億人は限りなく増えて行くからだ。

「経済成長と持続的社会を両立させる」というお題目が、人類の命題の如くに語られるようになってきた。が、そこにこそ「空恐ろしい嘘」が隠されている。今の経済は「成長」ではなく、意図的に「拡大」されているに過ぎない。爆発的に伸びた世界の人口に、化石燃料を掘り起こし浪費させることで、経済を無理やりに拡大させている。この経済の拡大こそが、「地球温暖化」の主要因だ。それが、「持続的な社会」を十二分に脅かしているに、私たちは「自分たちには無縁な経済成長という蜃気楼を、夢遊病者のように追い求めている。たった26人の人間に富を集中させるためだけに...。そして、地球を灼熱地獄に化すために...。

(完)

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT