FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

未来への投資


⚫資本主義が終わる

私の言うことが人々に伝わらないのは、私が繰り返しこの「資本主義が終わる」ということを念仏のように唱えて来たからに他ならない。人はある日突然の如く、「それまでの体制が崩れ去る」のを、「(眼の前で)見たことがない」。だから、「資本主義が終わる」という話は唐突すぎて、誰もそれを現実に起きることとはイメージできない。が、資本主義の「腹違いの兄弟」だった「共産主義」は既に地球上から姿を消した。多くの人は、もう「共産主義」がどんなものだったか覚えていない。とは言え、姿を消したものは「共産主義を騙った独裁政治」に過ぎない。その意味では「民主主義を騙った資本主義独裁政治」もまた風前の灯火だ。本来、「民主主義」という考え方には、今のように極端な「貧富の差や格差」を受容する余地はない。が、人は目の前で起こっていることであっても、テレビ等のマスメディアで解説されないと、どう解釈していいのか分からない。そういう教育を受けてきた。相容れない事象であっても、メディアがそれを指摘し続ける役割を果たさなければ、誰もそれを問題視しない。つまり、社会現象をわたくし事と捉える回路を、私たちは持ち合わせていないのだ。自然災害にしても、自分の身に起こらないかぎり他人事だ。
私達は、「相当鈍くなっている」。お蔭で、「地球は灼熱地獄と化す」と科学者が言い出しても、ピンと来ない。相も変わらず、他人事だ。科学者の警告は今に始まったことではない!1990年以降、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC」は、気候変動の証拠を集め、5本に及ぶ包括的評価レポートを作成してきた。が、最新のレポートについては、2つの点で「伝わり方が変わってきた」。一つは、実際に気候変動による風水害が世界中で猛威を奮っている事実だ。もう一つは、スエーデンの16歳のグレタ・トゥンベリさんの登場だ。彼女の訴えには、大人たちの様に「利害や盲信による曇り」がない!それが、同世代の多感な子どもたちの心を揺さぶり、一つの明確な「メッセージ」を発信し始めた。
この二つが、今後「資本主義の存否」を厳しく問うて行くこととなる。「今後の10年以内に、CO2の排出量を0にして行かないと、10年後には地球の平均気温は産業革命時より1.5℃上昇する。その1.5℃(=臨界点)を超すと、人の力では気温上昇を抑え込めなくなり、気温の上昇は止めどないものとなってしまう。」とIPCCは最新のレポートで報告をしている。(氷床や氷河が、猛烈な勢いで溶けている。それが、地球の冷却装置である海洋の働きを阻害し始めている。深層海流の働きで北極海の冷水が太平洋の深海に運ばれ、高い海水温を中和させてきた。その働きが鈍ってきたお陰で、太平洋の海面近くに表層が形成され、深海とは混ざりにくくなってしまっている。それが故に、台風を生む海水温は上昇の一途を辿っている。)1990年以降のそうしたレポートを私達は知らされなかったわけではない。だが、「高をくくって無視して来た」「自分たちに直接関わる話だとは思わないで来た」。「そんな警告よりも、今の快適な生活を手放したくない」。「そんな盲信を信じて、今の経済成長を阻害するようなことはすべきでない」と多くの人たちは、おバカな独裁者トランプと発想を共にして来た。

だが、お蔭で、事態は科学者が予測したよりも早く悪化することとなった。日本を脅かす「台風」の猛威は、その一つの現れだ。その勢いは年を追って増していくが、このまま放置をして収まってくれるものではない。だから、この悪夢のような気候変動は、私達が「悔い改める」までは続いてしまう。
16歳の少女の訴えも、同世代の子供たちやその親たちを巻き込みながら、「経済成長よりも、持続的社会を」というメッセージを人々に発信し続けて行くこととなる。私は、今年のノーベル平和賞は彼女が受賞すると考えている。ノーベル賞の生みの親のノーベルは「ダイナマイトの生みの親」だ。産業革命当時に、鉄道の敷設や鉱山等の採掘にダイナマイトは威力を発揮した。が、それが戦争にも使われるようになり、ノーベルは「死の商人」扱いを受けることとなる。ノーベルはその口惜しさから、人類の発展に寄与する発明をした科学者や平和に貢献した人に、私財を運用して功績を称えるノーベル財団を創設したとされている。持続的社会を押しのけて、ひたすら拡大を目指す資本主義は文字通り「死の商人」以外の何者でもない。そうした流れに対抗しうるのは、欧州の見識しかない。その見識が、自然の猛威と子供たちの叫びを通じて、世界中に広がって行くこととなる。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT