Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ネット通販に思う


「生産」という経済の基礎部分が衰退すれば、(日本)経済は当然ながら衰弱する。この原因を作ったのは、一体何なのか?言いようはいくらでもある。が、「日本の政治」が意図的に労働人口の構成を変えて来たことが主因だ。極端な工業化を推し進めるために、農業を始めとする第一次産業の従事者(=地方の労働力)を第二次産業・第三次産業へと組み替えてきた。今の中国や東南アジアでも推し進められている政策だが、昔からこの動きは「産業革命」という言葉で言い表されてきた。この「産業革命」とは、『18世紀の後半から19世紀にかけて起こった一連の産業変革と、それに伴う社会構造の変革のことである。産業革命において特に重要な変革とみなされるものには、綿織物の生産過程における様々な技術革新、製鉄業の成長、そして何よりも蒸気機関の開発による動力源の刷新が挙げられる。(ウィキペディア)』

以来、もう既に200有余年が経過している。そもそも、「革命」とは、それまで通用していた常識や社会構造が、時の経過と共に「物事の進展の阻害要因になってしまう」時、その要因を覆す「エネルギー」全般を指して使われる言葉だ。その「(産業)革命」が、欧米列強内で起こり、欧米による植民地支配を通し、世界中に伝播して行った。日本へは「黒船」によって、その端緒が伝えられ、「絹(綿)織物の生産や製鉄業の成長」を通して、日本は「世界の工場」という名を恣にして行くこととなる。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT