Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

水ビジネス最前線


そうした中で、3ガロン・5ガロンによる往復便も、日本ではその姿を消そうとしています。アメリカで発達したガロンボトルによる「水宅配事業」は、今や完全に公共水道に取って代わっています。また、元々公共水道を持たない国々でも、「水道」に代わる「飲食用水」の供給法として、このボトルが大活躍をしています。「飲食用」に使う「水」の供給には、大型の容器が不可欠です。また、日常的に使うものですから、「使い捨て」容器では不経済なだけではなく、誰もが「Mottainai」と感じるため、ガロンボトルは世界中で普及しています。
ただ日本だけは、このボトルが定着する機会を逸してしまいました。それは、端的に言うと「日本の宅配水事業が、アメリカのように公共水道に取って代わる」という「大志」を抱かないまま、見当違いな商売に終始してきてしまったからに他なりません。

「水は儲かる」と考える人たちにより、日本では「都会の水道水を逆浸透(RO)膜で濾し、瓶詰めにする」という安直な方法が取られました。「製造工場を消費地に建てれば、運賃を最小化できる」。そうした皮算用で商品化した「瓶詰め水」を、箔を付けて高く売る。そのために、ウォーターサーバーを無償で貸す。この「見え透いた商法」が、人々の「良い水を飲みたい」というニーズを満たすことはありませんでした。そして、皮肉にも「水があまりに高かったため、折角高いサーバーを無償で貸しても、その元手の回収すらできない」という「お粗末」な「商売」となってしまったのです。この「割の合わない」商売は、サントリーやオリックスが手がけても、同じ結果を招くことしかできませんでした。
結局、足掛け30年にも及ぶ、日本版「ガロンボトル宅配ビジネス」は、「時代の要請」に応えることのないまま幕を閉じようとしています。そして、このビジネスに最後の引導を渡したのは、インターネット通販の隆盛と運送会社の運賃値上げといった「潮流」だったことも付け加えて置きます。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT