Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

錬金術


エアの戦略が、機能して来ている。「ふるさと納税」での成功例を、「通販サイト」にフィードバックさせる。つまりは、「利用者のニーズに直接アクセスする」方法論を身に着け、応用する。それを自らで手がけることで、エアはスキルを磨き、誰にも真似の出来ない境地を手にしたと言って良い。
お金を掛けることが、「成功事例を引き出せる」わけではない!むしろ、掛けないことで宣伝広告のコストパフォーマンスの最大値を引き出す「術(すべ)」を会得する。
そのためには、お金をかける「潔さ」も必要だ。だが、それが「俗に言われるほど大金であれば、」コストパフォーマンスの最大値を引き出すことは適わない。あくまで、「お金を梃子として使い、お金の巡りを良くしていく」ことを通じてしか、この「術」は手に入らない。

資本主義社会は、お金でできている。だが、そのお金が増え過ぎて、却って価値が減じている。その世界では、たくさんのお金を投じても、その見返りは「金利」にも満たない。銀行がお金を貸しても、「金利」だけではその巨体を賄いきれないのだから、それは、「もう資本主義が体をなしていない」ことを如実に物語っているではないか!
小資本を梃子として使うことでしか、「ハイリターン」は適わない。これは、簡単な算数であると同時に、資本主義の原理でもある。

エアの戦略は、その原理に即しているが故に、明確な機能を始めるに至った。


別窓 | ビジネス論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary |