Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

人生100歳時代の心がまえ


つまるところ、資本主義では、人生100歳時代は支えきることができない。それが「白日の下」になって来ている。お仕着せの「競争原理」を無理強いされる社会の中で、100歳を生きる。「私たちは一体なぜ?そんなストレスフルな生き方を選ばなければならないのか?なぜ、私たちは隣人と競い合わねばならないのか?」「それしか選択肢がないのか?」そして、「その選択肢に未来はあるのか?」

資本主義の成長を持続させるために取られてきた「人口膨張策」の結果、「富の分配」どころか、「パンの分配」すら覚束ない時代が到来しようとしている。ものよりも人の数の方が圧倒的に多いから、皆と分かち合うことができない。だから、死ぬまで「競争原理」を働かせろと言うのか?

その一方で、日本では「耕作地」が遺棄されるに至っている。そして、私たちの社会は、未だに「食べられない」、「売れない」工業製品を作りつづけることに執着したままだ。だから、税収が入って来ない。入って来ない税収を当て込んだ「年金」を、空約束通り支払えるはずがないではないか!社会資本とされる「水道」にも、「道路」にも、「学校」にもお金がかけられない自治体が続出しているのが、現実なのだ。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT