fc2ブログ

何が問題なのか?


なぜ?アメリカは「水道の民営化」を成し遂げたのか?そこには「枚挙にいとまがない」理由がある。が、もう既にその点は繰り返し書き記しているので、割愛する。ここでは、「あのアメリカですら止めた方式」を、世界で唯一日本だけが続けている事実を記すにとどめる。

食品を量産化するためにアメリカ人が取る手法には、共通した「怖さ」がある。「薬剤」をふんだんに使い、「微生物」をすべて敵と見做し抹殺する。それは、私たちの体内で、私たちの健康に大きな役割を果たしている「体内常在菌」にもダメージを与える。それが、私たちの抵抗力や自然治癒力にも影響を与えることは、容易に想像がつくことだが、アメリカ人の頭は、そんなことには頓着しない。アメリカ人は「カネ」になることなら、「些細な(=本当は本質的な)こと」には無頓着を決め込むことができる。だが、そのアメリカが「殺菌水の配給」はやめた。それは、「水道の民営化」以外には、コスト削減も含めた「抜本的な問題解消策がない!」という結論に至ったからだ。

私には、それらの「理由」に無頓着でいられる日本人の思考回路が理解できない!

(つづく)

最新記事
プロフィール

窓男

Author:窓男
水は、あらゆる生命の細胞をくぐり抜けることで生き物たちを束ねながら、地球と成層圏を舞台に、輪廻転生をくり返しています。
私たちは、その再生を果たしたばかりの「天然水」をお届けする、「天然水道」網の構築を目指しています。

最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード