Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

水を売る


世の中は、結局、「人を動かす人」と「人に動かされる人」に分かれる。「自分で考えて、自分で動く人」というのは極めて少ない。エアの構成員には、「自分で考えて、自分で動く人」になってほしいと、ずーっと期待(お願い)してきた。「自分で考えて、自分で動く」ことが、生きていく上での「極意」に他ならないからだ。それが、できるようになれば、その人は「他に何も要らない」と思うようになるはずだ。それは、決して「自分勝手に動くことを意味しているわけではない」。「自分で考えて、自分で動く人」は、「人の手助け」を必要としない。だから、「自分一人」でも動くし、動ける。「人の助け」を求めずに、局面の打開ができる人は、結局自分の能力を最大限引き出すこととなる。自分の非力を「人のせい」にしないなら、自分が思うことを達成できないとすれば、その原因は「自分の非力」以外の何ものでもないことに気付くからだ。だから、いつでも「自分自身の力」と面と向かい、己を知ることとなる。そうなると、「自分を磨く」こと以外は、「どうでもよい」こととなる。

しばらく、ブログから遠ざかっていた。いくら、ブログを書いても読んでくれる人は居ない。あるいは読んでくれる人が少数居たとしても、こちらの意図は通じない。だから、間を置いた。その間、弊社のメンバーに語り続けた。と言うよりも、日報という形で、書き続け、「目を通して置いてほしい」とお願いした。因みに、上記は今年の7月16日に書いた日報だ。

この間、コスモウォーターが「身売り」をした。大型容器の宅配事業で「唯一気をはいていた」ように見えていた同社が、「自作自演」に疲れ果て会社を売り抜けた。結局、毎日使う水を高く売りつけようとする商売など、人々に受入れられるはずがない。いくつかの消費者センターや個人から、「置き去りにされたサーバーがあるが、業者さんと連絡が取れない。どう処置をして良いものか?」という問い合わせを受けた。人知れず、廃業を余儀なくされた同業者も多いということだ。

弊社は今代替わりを進めている。御陰さまで、順調に進んでいる。一人一人が、自分で考え、課題に対しても自分のアプローチを見出し、不言実行するまでに至っている。だから、経営的にも今までにないほどの「身軽さ」を手に入れている。

水の業界も、誰かしらが敷いた路線の「土壷」にはまったままの状態から、個々が考え「抜け出す」方策を実践しなければならない局面を迎えている。冷静な目で見れば、我が業界が人々のニーズから「如何にかけ離れたことをやっているか?」は明らかだ。それに、気が付けない人は、掛けたお金を「ドブに捨てる」こととなる。残念ながら、回収は覚束ない。




別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary |