Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ぐんぎんビジネス大賞


5.ビジネスに新たな価値観を!

a. 経済概況

資本主義とは、資本家が主導する経済を指す。だが、その根幹が揺らぎ、多くの企業は税金の投入で何とか「潰れずにいる」。日本が生み出した「護送船団方式」による国家資本主義が、その効率の良さを活かし、日本を「世界の工場」に押し上げた。だが、世界中がその成功を真似た。アメリカも韓国も中国も。そして、数多の新興国も。国家規模で世界中が「世界の工場」を目指し始め、無秩序な供給体制が整い、供給競争が始まった。アメリカは途中で「金融資本主義」に特化する道を選んだ。そして、グローバル・バブル経済体制が出来上がってしまった。

健全な資本主義では、資本の調達力がモノを言う。経営に実績がないところは、資金の調達ができない。そのため、供給側が無闇に増えることはないし、安定的な「一人勝ち」状態が持続できた。だが、国家資本主義は税金を原資とするので、いくらでも資金の調達ができてしまう。その資金を効果的に使えば、他国の一企業相手なら簡単に蹴散らすことができた。また、金融資本主義も投企目的に、資金力のない国の資金調達を叶えてしまう。だから、供給側は今後共無秩序に増えてしまう。資金調達力がモノを言うはずの資本主義は、こうして自らの長所を弱め自壊の道を辿って来た。

そして、今日本は「パイの拡大」を求めて、「二匹目のドジョウ」を狙う。だが、そこにもうドジョウはいない。国家資本主義同士が戦えば、為替安の国や計画経済が得意な国や新興国・後進国など、日本よりも優位性を持った国が世界中にはうようよしている。その中で、日本だけが「パイを拡大」できる必然性は最早ない。そこに待ち受けているものは、「アリ地獄」のような「設備投資競争」と「供給過多」と「買い手市場」による、国民の預貯金を持ってしても埋めきれない「債務超過」だ!それを証明するように、15ヶ月も貿易赤字が続いているではないか!

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT