Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

四半世紀をかけた出会い

人間一生懸命やっていれば、「幸運」が訪れる。その「幸運」は、いつでも「出会い」から始まるものだ。
無農薬/無化学肥料で丹念に育て上げられた「お茶」と出会った。この「茶葉」は「水出し」で飲む。そして、そのお茶は、「昔懐かしい」お茶の香りや味わいを思い起させた。すっきりとした喉越しとその後口中に広がる「ほの甘さ」は、他のものでは決して味わうことができない天然の甘さだ。勿論、「水出し」の水は、我が「箱島湧水」である。本物同士でなければ共鳴しえない繊細な味覚を、この組み合わせが生み出す。

この「水出し茶」がおいしいのは、確かに無農薬/無化学肥料で育てられているからだ。だが、それだけはない。おいしさの秘密の半分は「水出し」という点にある。ティーパックを水差しに入れ、1ℓ程度の「箱島湧水」を入れると40分程で少し薄めだが「黄金色」に染まる。この段階で飲むと、渋みがなく喉越しの良い、「体に良いものを飲んでいる」という感覚を抱かせてくれる。そして、日本茶の香りや味わいは僅かな時間差を持って口中に広がる。

お茶の生産者は「水出し」の効能をよく知っている。「氷」で出すのがおいしいと言う生産者もいる。だが、世の中が忙しくなり、いつしかそんな飲み方を勧めても「是」としないような風潮が社会を包んだ。「お茶を飲むのに、30分もかけていられない」と。また、「水道水の劣化」を誰もが知ることとなり、人々は挙って「水道水」を煮沸すると同時に「塩素」を飛ばしてから飲む様になった。この水道水の劣化に合わせるように「お茶」はどんどんおいしくなくなっていった。まずい水道水でお茶を入れれば、おいしくお茶でもまずくなるのは当然だ。他の農産物同様、「茶葉」にも農薬や化学肥料を施すことが当たり前のようになったことも、日本茶がおいしくなくなった要因だろう。
その上で、「バブル経済」だ。必要以上に茶葉の選別をして、「一番摘み」の茶葉だけをパックしたものを「高級茶」として売り出すようになった。金余りから、人々が「贅沢」を金で買うことに快感を見出した時代のことだ。そこで、「一番摘み」の収穫量を増やしたくて、農薬や化学肥料はふんだんに投与されるようになったのだろう。
一握りの「高級茶」とまずい茶葉だけを集めた「安いお茶」の両極端に分かれた選別・販売方法は、景気の低迷が続く低成長期に入っても元に戻ることはなかった。高級茶と言えども、お湯で出せば「一杯目」しかおいしくない。だから、この間に私も含めて「お茶離れ」は進行した。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT