Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

なぜ?

天然水を、繰り返し使える容器に詰めて人々に届ける。容器を水道管に見立てて、途中の汚染をショートカットする。それが、現代においては一番合理的な天然水の供給方法だ。そして、その天然水が安く供給できるなら、直ぐにでも「水道の代わり」を担える。

これが、「ガロンボトルビジネスの本質」だ。この本質に沿えば、ガロンボトルビジネスが如何に不況と無縁かが分かるだろう。天然水の安定供給という一点に供給側が徹すれば、地域に根ざした極めて安定的なビジネスが成立する。

もう、そろそろこの本質に気付く人々が出て来ても良いのではなかろうか?

(完)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT