Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

水の世紀

「成長」を支えるために膨れ上がってしまった人口と相対的のみならず絶対的にも減少しつつある「真水」。慢性的な「飢え」や「渇き」が、「工業」に偏重した世界のアンバランスを浮き彫りにします。
「飢餓」を目前にしても、私たちは今まで通り「農業」よりも「工業」を選ぶのでしょうか?あなたなら、「飢え」や「渇き」を差し置いても「成長」を選びますか?

「食糧よりも大事なものはない」世界に、私たちは否応もなく戻ることとなります。その世界では、当然のことながら「工業」と「農業」の価値が逆転します。そして、それにつられるようにして農業を生業とする人の数は増えて行きます。限られた「水」をどう使うか?は自ずと明らかなものとなっていくでしょう。私たちは「水」を通して、改めて「自然の摂理」を受け止め直すこととなるのです。

(つづく)



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT