Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

宣伝とプロパガンダ


宣伝広告というのは、面白い。「そこには、お金をかけないとならない」という思い込みをしている人が、大勢居る。彼らは「露出さえすれば、勝ちだ」と思い込んでいる。だが、本当は「そうではない!」商売にかぎって言えば、コストパフォーマンスを無視した宣伝広告は、危険この上ない。インフレで黙っていても商品が売れて行くご時世なら、いくら広告費にお金をかけても「元は取れる」。が、デフレでモノが動かない時期にまで、同じようにカネをかければ、商売は容易く「傾く」。一方、「ただ(無料)で露出を稼ぐ術を知っている者」にとっては、「露出さえすれば、勝ちだ」という言葉は「真理」を突いている。
今をときめく「トランプ」は、ビジネスに於いて「そのワザ」を磨いてきた。そして、「派手な暴言」や「テレビ番組の司会者や時にプロレスラーになってまで稼いできた露出」を駆使し、彼はアメリカの大統領にまで登り詰めてしまった。この現実は、私たちの「頭の構造の幼稚さ」を示して余りある。

以下にヒトラーの代表的な名言を記す。トランプが、如何に忠実にヒトラーを模しているかが分かるだろう。そして、トランプがメディアを敵に回すのも、ツイッターや大統領令を連発するのも、彼の確信犯的な「戦略」に基いていることが理解できるだろう。

●嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる

●民衆がものを考えないということは、支配者にとって実に幸運なことだ

●熱狂した大衆だけが操縦可能である

●賢い勝利者は、可能な限り、自分の要求を幾度も分割して敗北者に課すだろう

●人種の堕落の時代において、自国の最善の人種的要素の保護に専心した国家は、いつしか地上の支配者となるに違いない

恐ろしいほどの「思い込み」が、ヒトラーの言葉には込められている。だが、その言葉を大声で繰り返すことで、「人はそれを信じる」に至った。これは仮説ではなく、「歴史が証明してしまった真実」だ。私たちは、その「デジャヴ」を「テレビ」を通じた実況中継で、否応もなく見せつけられている。このグローバルに展開される「宣伝=プロパガンダ」は、一体いつまで続くのか?そして、「人類の叡智」は、このトランプによるヒトラーの「二番煎じ」に対し、どういう「意志を表明し得るのか?」それを、私たちは「目の当たりにする」こととなる。



別窓 | 世界の危機 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

資本主義と民主主義


<おまけ>

皆さんは、ハリウッド映画が映し出す「近未来」を見たことがあるだろう?その「近未来」が共通に映し出しているものこそ、矛盾を抱え込んだ「資本主義」が私たちにもたらす(近)未来だ。だが、その「矛盾」を解消不能なものにしてしまった理由には、私たちが「大いに」関わっている。習慣性の動物である私たちは、それぞれの持つ「弱さ」と決別することができない。辻褄が合わないことを承知していても、「浪費」を基本とする経済に逃げ込んでしまう。そこが、「ヌクヌク」と心地よく感じられるからだ。それぞれの持つ弱さに「NO!」と言えない「積み重ね」が目の前の「現在」を作り上げている。私たちは、その「弱さ」の陰に隠れながら、自らの「権利」だけは主張する輩に成り果てている。

だから、今のままで行けば、間違いなく映画が映し出す「近未来」は現実のものとなる。廃墟のようなところで、薄汚れた人々が「ヒソヒソ」と生きている。それは、自らの「弱さ」を「権利」と取り違えた人々が生きるに相応しい場だ。人類がこの星の盟主となれたのは、その生命力の「強さ」ゆえのことだ。もうすっかり姿を見かけなくなりつつあるが、私たちは農業を支えてきた年寄りの頑強さを確と見直すべきだ。一昔前まで、私たちの住む社会はその「強さ」に満ちていた。だが、今は「どうだ?」体を使うことを「厭う」人ばかりだ。それが、人間社会全体をどれほど「脆弱」なものとしてしまっているか?

私の言いたい事は、「政治的」なことではない。政治などマヤカシに過ぎないのだから、「糞喰らえ!」だ。
私は、あくまで、人間がその持って生まれた「力」を「正当」に、「余すところなく」使うべきだということを述べているにすぎない。産業革命のお陰で、人類は利便性と共に人口の膨張を手にした。その膨れ上がった人々が本来持つ「力」を「正当」に「余すところなく」使って「食糧生産」に励まなければ、深刻な「食糧危機」に直面してしまうのは、誰がどう考えても必然だろう。だが、食糧生産の代わりに、世界中が「食べられない」工業製品の拡大生産競争を繰り広げている。その様は異様と言う他ないが、世界中が「売れない」工業製品を無我夢中になって作り続けている。そして、そのために、化石燃料を掘り起こしては「無駄」にしかならない製造に供している。その幾重にも及ぶ「無駄」から逃れられなくなっているのが、今の「資本主義」の姿だ。

だが、それを指摘すると、多くの人が「民主主義」にではなく「資本主義」に逃げ込もうとする。人々は、一心不乱に沈み行く巨船に乗り込もうと先を争う。そして、人々はその「滑稽さ」と「皮肉」に気付くことができないでいる。

問題は、「イデオロギー」の違いにあるわけではない。人々が「弱さ」をひけらかし、「弱さ」を「カネ」で補えると考えるに至っていることにある。食糧生産を二の次と考えてしまえる社会で、人間が本来の「強さ」を保持できる「道理」はない。その根本を度外視してしまうほど、私たちは「間違った」道に足を踏み入れてしまっているのだ。

映画が映し出す「近未来」には、根拠がある。「肌で感じる」抜き差しならぬ「現実」がそこには映し出されている。だから、それぞれの人が「強さ」を投げ出したままでいれば、その「近未来」はすぐにでも「やって来る」。映画の中の「近未来」は、一度訪れると「どうやって元に復することができるか?」という困難さに満ち満ちている。私たちが「ヌクヌク」に甘んじているかぎり、孫子が被る苦難は計り知れない。この世は、すべて「必然」が支配している。苦難がなければ、人は「強さ」を取り戻すことはできない。だから、孫子に「苦難」と「強さ」をプレゼントしようという考えも成り立たないわけではない。だが、そういう意図がないならば、それぞれの持つ「力」を民主主義に吹き込むことが、民主主義教育を受けて来た私たちにとっては一番組みし易い方法ではないか?そういう主旨で、「資本主義と民主主義」を書いた。だが、書き終えたことで、それぞれの持つ「弱さ」は集積することで「強大な強さ」を持つに至っていることを改めて実感している。

それ故に、私たちはハリウッド映画の映し出す「近未来」に行き着くしかない。「資本主義」が抱える矛盾が、「人々の弱さ」を醸成し顕著にさせた。あるいは、「人々の弱さ」が逆に「資本主義」を支えられなくなったと評した方が良いのか?いずれにせよ、根本的な問題を抱え込み老朽化した巨船は、人々の重さに耐えかねて沈む。

私たちは、「新しい」「時代に見合った」価値観を創造できる「強さ」を身につけるしかない。

(完)


別窓 | 世界の危機 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

資本主義と民主主義


私たちが、そのことに気付きさえすれば、「対立」を作り出すことでしか生きながらえることができない「資本主義」を、「民主主義」から引き剥がすことができる。「民主主義」教育を受けてきた私たちは、多数派であるにも関わらず、少数派だという「思い込み」により「矛盾」に満ちた社会を受け入れ、それぞれが持つ「力」の結集を封じられてきた。だが、その「思い込み」さえ振り払えば、「なりすまし」のために、見極めが困難と思えてきた「政治」の取捨選択も、明快なものとなる。「思い込み」さえ振り払えば、「多数派による多数のための社会」は「意外」なほど容易に手に入る。「多数」に寄り添う政治が「民主主義」であり、その「民主主義」は私たちの多数決で決まるのだから。

元来、私たちに「資本家を王様とする」社会を支えて行く理由はない。働いても働いても年間160万円しか得られない「不公平」な社会を支える理由もない。私たちは、いずれ老いる。だから、年寄りを「孤立」に追いやる社会を支える理由もない。希望を失い、活力も失い、すさんだ生活しか望めない社会などいらない。世界を不穏と不安に陥れるしかないのなら、そんな「資本主義」などいらない。「経済の成長」のためなら地球温暖化も厭わないほど自虐的な「資本主義」など、もう「たくさんだ!」。私たちは目を見開いて、「いらないもの」と別れを告げる時を迎えている。

戦い取る気概さえ示せば、「民主主義」はすでに私たちの手中にある。そこにへばりついて離れない「資本主義」を引き剥がすだけで、私たちは正真正銘の「民主主義」を手に入れることができる。

(つづく)


別窓 | 世界の危機 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

資本主義と民主主義


私は、今まで「多くの言葉を要して、今の世界の有り様を説明しようと試みてきた」。だが、私自身誰と手を携えるのか?何を「軸」に、より「平等」で「平和」な社会を達成させて行くのか?その肝心な点を明確にすることができなかった。同様に、多くの「想い」や「希望」が、「孤立」と「一匹狼」に甘んじることにより浮かんでは消えて行った。

だが、「たった一つの」センテンスが、科学の難問を解く「方程式」のように、私の中に「浮かんだ」。目の前の事象は、「資本主義と民主主義の戦いゆえに引き起こされている」。その戦いを挑んできたのは、資本主義者の方だ。だから、私たちの多くは、その事実に気付くことができていない。しかし、資本主義者たちは、最早先送りできない行き詰まりを打開するために、否応もなく、封印してきた「宿敵」民主主義との戦いを開始しているのだ。

(つづく)


別窓 | 世界の危機 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

資本主義と民主主義


日本だけでなく、世界中が民主主義と資本主義を同一のものと「取り違えている」。だが、両者は明らかに違う。だから、私たちはそのちがいを理解して、「どちらを選ぶか?」を定かにしなくてはいけない。それが、「騙されやすい」私たちに課せられた役目であり、未来に対する責任の取り方だ。幸いなことに、民主主義と資本主義はシームレスにできている。それは、資本主義者が「民主主義」という簑を着て、民主主義者に「なりすまし」てきたからだ。だから、今なら、私たちは「多数決」の論理を有効に使える。私たちの大半は、民主主義教育を受けて来たのだから、今まさに「資本主義と民主主義が熾烈な戦い」を繰り広げていることさえ理解すれば、どちらに組すれば良いかは「自明」ではないか!

(つづく)


別窓 | 世界の危機 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT