FC2ブログ

Water Diary

水を通して見える世界の話を、日記に綴ります

ネット通販に思う


一人一人が、自分で自分の食い扶持を、自分の創意で生み出す。それを基本に据えられれば、誰の「支配」も要らない。誰に指図されることもなく、自分が思う「生を全うする」ことができる。気が付いてみれば、私達は既に「全てのものを手中に収めている」。ただ、それに「気が付いていない」だけのことだ。「民(自分たち)が主である」ことさえ、みんなが了解し、それを大切にできれば、「自由」も「平等」も手に入れたと同じだ。

「資本主義が終われば、自由も平等も奪われる」といったプロパガンダに、いつまでも騙されてはいけない!「資本主義」とは、所詮資本家=お金持ちのための制度・考え方であることは、「読んで字のごとし」だ。そうした制度・考え方を、「全てのものを既に手中に収めている」私達が、有難がって奉る必要性は「これっぽっち」もない!

(完)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネット通販に思う


人間性豊かな生業に就き、インフォメーションテクノロジーを駆使して、製造直販態勢を整える。それは、冒険ではない。「温故知新」だ。「古きを訪ねて新しきを知る」。人類が曲がり角に直面した時に、繰り返してきたルーティーンだ。社会から「正義」が失われ、突き進んで来た道が何処に行き着くのか?途方に暮れている時に、その時代を支配する「概念」に囚われていては「問題」は解決のしようがない。たかだか200年で突き進んでしまった現状を、固定化して評価したり、そこに固執してはいけない。200年という歳月は、有史という括りの2000〜3000年と比べても短すぎる。だが、その短い間で、人類が有してしまった「破壊力」は、とてつもなく大きなものだ。私達は、原子力一つ取っても、それを「制御」できる「知性」を持ち合わせていない。だから、私達は「立ち止まり」、自らの「知性」で、「科学」および「技術」を「制御」できるだけの「時間」を十分に確保しなければいけない。それができるまでは、「無闇に前へ進もうとしてはいけない」。地球温暖化と引き換えに、「資本主義的成長」を止めどなく推し進めようとする政治家や支配者の暴走は、誰かが止めようとしなければ、止まらない!

若い人たちには、第一次産業を支える観点を持って欲しい!特に農業は、食料のみでなく、エネルギーすら生み出せる。そして、インフォメーションテクノロジーを駆使して、産物をできるだけ多くの人々と分かち合える社会の実現を目指して欲しい。それができれば、私達は本物の「民主」「自由」「平等」を手に入れることができる。「権力」も「政治」も要らない。と言うよりは、どの様な「権力」であれ、「政治」であれ、それを「必要悪」として看過してしまえば、「民主」も「自由」も「平等」も成り立ち様がない!その事実を、私達の目の前にある「現実」を凝視することで、看破してほしい。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネット通販に思う


全体の生産人口は40%(25%+15%)となり、その内の第一次産業従事者は25%(10%+15%)となる。上述したように、これは「最低」の数字だ。だが、4割の人々が生産に関わり、残りの6割がその産物にありつくという図式なら、「どうにか成り立つ」。だが、第一次産業に関わる人が10%では、どうやっても残り90%の食い扶持までは賄えない。国際情勢が不穏さを増せば、食料品の輸入だって、どういう理由で減ってしまうか?分からない。だから、第一産業に15%の人がシフトしても、その人たちが「食うに困る」ことなどない!生産人口40%の中には、第一次産業人口25%が含まれるが、その人達の手元には「実収入」と「食料」がある。そして、第一次産業に関わらない残り75%もの人々が、「潜在的な顧客」になり得るのだから、こんなに「固くて、確かな」生業は他にない。例えば、経済が大恐慌に見舞われて、貨幣価値が無に等しいものとなっても、生産に関わる人々には「相応の実収入は、付いても回る」。だが、第三次産業に関わる人々の多くは「食いっぱぐれる」。どちらに将来性があり、どちらが安定的に家族を養って行けるか?それを、今の若い世代に熟考してもらい、「奮起」してもらいたい!

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネット通販に思う


資本主義に都合が良いビックデータと自然(科学)の持つ本来的なビックデータが示す「未来」は、相容れない。それは、「地球温暖化」一つとっても分かるだろう。私達の生きる社会は、自然と共に生き、そこから導き出された自然科学を基調に「科学技術」を発展させてきた。が、資本主義の発達によって、自然科学は都合よく「捻じ曲げられてきてしまった」。僅かな人々に「冨が集中する」社会を許すと、「権力」も露骨なほどに「集中」し「強大化」して行く。それは、「資本主義社会の悪しき宿命」だ。だからこそ、そこに生きる私達は、「資本主義の原理化」に抗し、「資本主義を抑制的に活かす」道を見出して行かねばならない。

そのためには、私達は「もっと賢くなる必要がある」。人類が作り出した「インフォメーションテクノロジー」を、「支配の道具」とさせず、その根幹部分に私達も積極的な関与を強めて行く。最新のテクノロジーを使いこなせないと、「支配」に抗することも、それを排することもできない!一方で、資本主義の原理化を阻むために、今の生産人口25%にプラスして、最低でも15%の人々が第一次産業にシフトする「産業革命」を起こして行かねばならない。そして、その産品を「ネット通販市場」で商う。それを牽引して行くのは若い人以外いないが、その「流れ」や「輪」を作り出すことは、私達全員がもう少し「賢く」なればできるはずのことではないか?

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネット通販に思う


大企業が生き残りを賭け、吸収合併・企業買収・グローバル化等により統合され、またロボット化されることでより巨大化する中で、雇用者は減少の一途を辿った。特に製造業における合理化は、日本が「世界の工場」であった期間を通じ驚異的な進展を見せた。そのお陰で、日本の第一産業10%・第二次産業15%・その他75%という歪な産業構造は生まれた。だが、今のまま、75%の人間が25%の人間にぶらさがって生きて行くことなどできない。そんな「帳尻が合うはずはない!」だから、今のままの産業構造で行けば、生産に関わる25%程度の人々は生き残れても、残りの75%の人々は「紙切れ(=紙幣)」を握りしめ、飢えに苦しみながら路頭に迷う日が遠からず訪れる。

「働かざる者食うべからず」とは言わない。が、「生産に従事していない人は、食いっぱぐれる」こととなる。それが、異様なほどに人口を増やし、尚且、異様なほどに生産人口を減らし続けている社会の末路であることは疑う余地がない!そのことに気付いた人から、自らに合った「生産」に関与を始める。それが、突破口となる。「無から有を生み出す」ことに精を出さなければ、残された僅かばかりの「有」を75%の人々が奪い合うこととなるのは必定だからだ。だから、人々が今為さなけれならないことは、「明白」だ。

(つづく)


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Water Diary | NEXT